スタンドバイ経営コンサルティング
スタンドバイ経営コンサルティング
TOP > ブログ
  
Prev | 1 | ... | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... | 203 | Next
【言葉で価値を生め!】
良い商品があれば高く売れる。
面白いサービスを作れば差別化ができる。




そんな風に考えがちだが、
事実は違う。


実はネーミングで、
価値を生むことができる時代なのだ。


ある大企業は、美味しい煎茶を
ペットボトルに入れて本格的な味でありながらも、

ゴクゴク飲める清涼感を
両立させることに
大成功した。

まさに、画期的な商品だった。

しかし、ネーミングが、そのまま、
『煎茶」
だったため、
思ったほど売れなかったのだ。
(それでも、7億だったので、庶民からしたらすごいのだが)


ところが、ある名前に変えた途端、
なんと、

その6倍、つまり、
40億

の大ヒットをもたらしたのだ。
これは名を聞けば誰もが知っている、

おーいお茶
の話だ。


これは大企業だからできる、というわけではない。
いや、むしろ、開発費や設備や、
広告にお金をかけられない、


中小企業こそ、
取り組むべきポイントだろう。

そのヒントを今回は動画で
語ってみたので、
見てほしい。



| http://www.standby.jp/blog/index.php?e=607 |
| 日常 | 03:34 PM | comments (0) | trackback (0) |
【GW疲れを回復させるには?】
思いっきり遊んだ方も、思いっきり休んだ方も、
仕事始めは気が重いことと思います。





そこで、今回はこうした連休明けのだるさをあっという間に
解消してしまう3つのステップについて、
ご紹介したいと思います。

これは、私が過去10年以上、実践していて、
クライアントさんにもおススメしている方法なのですが、
長期連休の程よい心地よさを残しながらも、仕事に楽しく向き合えるので、
超おススメです。

それは、3つのステップから
成ります。

ステップ1.単純作業
ステップ2.目標確認
ステップ3.読書

------------------

<ステップ1>
まず、いきなり本格的な仕事や考える仕事などをすると、
負荷がかかりすぎるので、
苦痛になります。

なので、
面倒だけど、頭を使わなくてもいい、
単純作業
をすることがおススメです。

できれば、音楽を聞いたり、他のことを考えながらでも、
できるようなことが良いです。

これはやってみると分かるのですが、
あまり苦痛を感じず、
やっているうちに、仕事モードが回復してきますので、

やる気が無理なく
チャージされます。

<ステップ2>
ステップ1でやる気が少し回復しても、いきなり
ダッシュは禁物です。

自分の将来の夢や、
ビジョンなどを考えたり、

年間計画や、
月間目標などを、ノートに書き出したり、
することがおススメです。

楽しいので、
時間を忘れて取り組めますし、
モチベーションもどんどん上がります。

<ステップ3>
最後の仕上げとしては、読書です。
それも、新しい本ではなく、自分の行動指針になっている、
本を読むこと、がおススメです。

書かれている内容は知っていても、
改めて読むことで、
やる気をチャージできますし、
新しい発見があるでしょう。

さらに、もっとパワフルな方法もあります。
それは、

自分の書いたものを
読むこと。

もし、著書を持っている方は、
著書を読むのもいいでしょう。

ない方でも、
過去のメルマガやブログを読み返したりするのが
おススメです。

撮影した動画があれば、
それも良いでしょう。

過去の自分を振り返ると、
頑張ってきた軌跡が見えてくるはずです。

実は自分自身が
一番の師匠だったりするんですね。

これをやると、
元気になります。


この3ステップを終える頃には、
GWの余韻も程よく残しつつ、

よっしゃー!
やるぞ!!

という気分になるはずです。
ぜひ、GWの最終日や、仕事始めの日に取り組んでみて
くださいね。


| http://www.standby.jp/blog/index.php?e=606 |
| 日常 | 03:31 PM | comments (0) | trackback (0) |
【脳内モルヒネ!】
実は成功する人と失敗する人とは、
どちらも大差ない。




両者には同じものを
手に入れようとしているだけなのだ。

それは、
脳内麻薬、脳内モルヒネ、
と呼ばれる、
βエンドルフィン だ。


これは、
美味しいものを食べたり、
パチンコなどをしたり、
マラソンをしたり、
性に勤しんだり、

といった時に、放出されると言われている。
だから、これらをやることで、

βエンドルフィン
によって、「快」を得ているのだ。


だが、これらは、
満腹になったり、
お金がなくなったり、
体調が悪かったり、
パートナーがいなかったり、

すると、得ることができなくなる。
しかも、体を壊したり、お金を失ったり、性犯罪を犯したり、
といったリスクを孕んでいる。

だから、これによって、
「快」を得ようとする方法では、
成功はしにくいのだ。

では、成功者と言われる人は、
このような、

βエンドルフィン
の快を放棄して、
ひたすら、苦難の道を歩みながら、
成功に向かって、
ストイックに頑張っているのか、

というと、
決してそんなことはない。

実は、

自分を成長させたり、
芸術を探求したり、
社会を良くしたいと願ったり、

という行為も
やはり、

βエンドルフィン
は放出されると言われている。

さらに言えば、これらの行為には、
終わりが無いため、
永久に放出され続けるのだ。

しかも、
身体も壊さず、
お金も失わず、
周りから愛される、

といった、プラスの結果しか
生まれない。

どこまで立証されているのか、は
専門家じゃないので、分からないが、
脳科学の世界では割とこのように言われている。

だが、これは思い当たる
節がある。


なぜなら私はコンサルタントとして、
クライアントの成功を願ったり、
自分自身や受講者を
成長させる時、

お金では変えないような、
幸せな気持ちを
いつも味わい続けているからだ。

しかも、
これを味わってからは、

A5ステーキを食べるとか、
高級ホテルに泊まるとか、
ファーストクラスに乗るとか(乗ったことないけど)、

そんなお金を使って得たような
いっときの快楽など、
どうでもよくなる。

これはおそらく、
脳内モルヒネ、βエンドルフィンが
出ているのだろう。

成功する人も、
そうじゃない人も、

快を得たいのは同じ。
その方法がプラスのことか、マイナスのことか、
たったそれだけにすぎないのだ。

だから、ぜひ、
成功する方向で脳内モルヒネを
うまく使おうじゃないか?



| http://www.standby.jp/blog/index.php?e=605 |
| 日常 | 03:29 PM | comments (0) | trackback (0) |
  
Prev | 1 | ... | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... | 203 | Next
PAGE TOP ↑

■CALENDAR■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<前月 2017年10月 次月>
■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:

保留中コメント:14件
保留中トラックバック:0件
スタンドバイ経営コンサルティング
愛知県名古屋市天白区植田3-1706-301
:サイトマップ
Copyright © 2006-2015 Stand-by Management Consulting All Rights Reserved.