スタンドバイ経営コンサルティング
スタンドバイ経営コンサルティング
TOP > ブログ
  
Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 203 | Next
なぜケータイは0円なのか?
物が売れない。
無料でお試しはするけど、購入には至らない。




そんなお悩みが増えているようです。
これは、昔からビジネスをやっている人にとっては、

カルチャーショック

かもしれませんが、
これだけネットで情報が手に入る時代に
お金を払う、

というのは、
相応の理由がいるのです。

それは、

他では手に入らない、
 とか、
今を逃すと手に入らない

というケースです。

それ以外は、

いつでも買えるし、
どこでも買える、

ということで、
むやみに買ったりしないのです。

とはいえ、
自分のところで、
今しか買えないもの

なんて、ないよ、
と思いませんか?

そんな方には
全く別の方法があります。

それは、
ケータイ電話を
無料で配る
というビジネスモデルです。

この方法を使うと、
今しか買えない、
とか、
ここでしか買えない、
といった特徴がなくても、
儲かるようになります。


なぜなら、
0円で配る
方法だからです。

詳しくは動画で解説しておりますので、
ぜひ、この方法を学んでいただき、
無料で配っても、
利益の出る会社を作り出してくださいね。





| http://www.standby.jp/blog/index.php?e=616 |
| 日常 | 01:16 PM | comments (0) | trackback (0) |
【ジャグリング戦略】
差別化が図れない。
付加価値をつくりたい。




多くの経営者の
願望だ。

しかし、実はちょっとしたことで、
これらは簡単に手に入る。

そのヒントになるのが、
大道芸人がやっている、

『ジャグリングだ』

大道芸人は、
人を集める時、必ず、と言っていいほど、

『ジャグリング』を
はじめる。

そうすると、
人がワラワラワラワラ
と集まってくる。

何故だろう?

実はここに、集客のヒント、
そして、

差別化
付加価値づくり

の大きなヒントが隠されているのだ。

だからといって、
あなたに、

『ジャグリング』
を練習しろ!


なんて、つまんないことを
言うつもりはない。


あなたが普段やっていることを、
ある形でお客さんに、
打ちだすだけで、

お金も不要
時間も不要

で、カンタンに同業者に
大きな差をつけることが
できてしまうのだ。

では、その方法とは?
今回は動画で解説しているので、
ぜひ、見て取り組んでほしい。





いかがだっただろう?
簡単に差別化が図れることに
気が付くはずだ。

にも関わらず、
同業他社はこのことに気が付いてない。

だから、今がチャンスだ。
ぜひ、取り組んでみてほしい。



| http://www.standby.jp/blog/index.php?e=615 |
| 日常 | 01:11 PM | comments (0) | trackback (0) |
【わー、何からやろう!】
売上を上げたい、とか、良い人材を手に入れたい、
ていうのは、割とゆとりのある状態だ。





本気で困っている人っていうのは、
一体何からやっていいのか、
何をどうしていいのか、
分からない、


ということが非常に多い。

だから、当然ながら、
誰に相談したらいいのか、も決められないし、
決められないから相談できない、

相談できないから、
家族とか、友達とか、近くにいる人に、

テキトーな
アドバイスを
される

そして、ますます
わけが分からなくなってくる。

これが実情なのだ。

何故分かるかというと、私がサポートしている
クライアントさんや受講者が

本気で困っているときには、

「もう何やったらいいか、
 わかんないんです」

と、異口同音で
口にするからだ。

まあ、私に聞いていくれれば、
なんとでもなる。

財務の視点、
人材の視点、
売上の視点、
マインドの視点、

ありとあらゆる方向から、
分析して、

何をやれば、
最小限のエネルギーで、最高の成果が出るか、
を判断でした上で、

○○をやりましょう。

と、言うからだ。

じゃあ、私がいなければダメか、
というと、
そんなことはない。

もう1つ、
誰でもできて、カンタンに突破口が
開けることがある。

それは何か、
というと、

何でもいいから、
やってみる
だ。

何をしていいのか、
分からない、

という時は、
往々にして、立ち止まっている状態だ。

つまり、
何もやっていないのだ。

であれば、

思いつくことをとりあえず
やってみる

これは非常に良い。


それが正解か、というと、
そうではない。

ただ、やることで、
正解かどうか、が見えてくるのだ。


つまり、
何もやらなければ、何も見えてこないが、
何でもいいから
やってみると、

消去法

で、これは意味がない、
ということが分かる。

それを何度か
繰り返すと、

なんとなく
方向性が見えてくるのだ。

具体的に言おう。

たとえば、
経営が良くなくて、何かしなければ!
と考えた時、


チラシを打ってみる。
でも、全く反響がない。

今度はブログを書いてみる。
それも全く反響がない。

もちろん、これらが間違いだ、
というわけではないが、

チラシでも、
ブログでも、

継続して、改良に改良を重ねないと
成果が出ない、


ということが実感できてくる。

この時、じっくり腰を据えてやればいい、
という時間にゆとりがあるのなら、
これを継続する、


という選択になるだろう。
しかし、

一刻も早く、
なんとかしなくてはならない、

という場合には、
不適切だ、
ということが見えてくる。

であれば、
一刻も早く成果を出す方法は?
と考えると、

たとえば、
コストダウンするとか、資金融資を受ける、
といった方向が見えてくる。

といったように、
何でもいいからやってみると、
間違い、正解の目安がつくので、
冷静に判断ができるようになるのだ。

ぜひ、試してみてほしい。


| http://www.standby.jp/blog/index.php?e=614 |
| 日常 | 01:06 PM | comments (0) | trackback (0) |
  
Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 203 | Next
PAGE TOP ↑

■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<前月 2017年12月 次月>
■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:

保留中コメント:14件
保留中トラックバック:0件
スタンドバイ経営コンサルティング
愛知県名古屋市天白区植田3-1706-301
:サイトマップ
Copyright © 2006-2015 Stand-by Management Consulting All Rights Reserved.