スタンドバイ経営コンサルティング
スタンドバイ経営コンサルティング
TOP > ブログ > 2017年04月
  
Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 10 | Next
【いじめられっこ!】
集客って難しい。。
あー、自分の商品やサービスのファンができたら、
勝手に口コミが広まるし、
ビジネスが楽になるのに。




どこかにそんなお客さん、
いないかなー。


たしかに、ファンがいたら楽ですよね。
ファンはたくさん買ってくれるし、
いつも来てくれる。

そして、口コミしてくれるので、
広告宣伝もしなくても勝手に広まっていく。

もし、そうなれたら
どんなにいいでしょう。


実は、これを意図的に作ってしまう
方法があるのです。


それが、今回ご紹介する、
『いじめられっ子スター戦略』
です。

この戦略を使うと、
多くの方があなたのことを注目してくれ、
ファンになります。

そして、どんどんリピートし、
口コミし、ブームを起こすくらいのパワーを持っています。


約2分の動画にしましたので、
見てください。
(急に音が出るかもしれませんのでご注意ください)




いかがでしたか?
この方法を使うと、ものすごい成果が生まれます。

私自身、この方法で仕事をしてきましたが、
素晴らしいお客さんに囲まれています。


また、私のクライアントさんでも、
これを取り入れた方は、熱狂的なファンが集ってくれ、
何かのときには必ず助けてくれる、


そんなお客さんで溢れています。
ぜひ、あなたも試してみてくださいね。



| http://www.standby.jp/blog/index.php?e=590 |
| 日常 | 01:18 PM | comments (0) | trackback (0) |
【日替わり定食はなぜ売れるのか】
あのさー、不思議に思わない?
昔ながらの定食屋さんが、おそらく気まぐれで
出しているだけの
日替わり定食があんなに売れ続けるなんて。
おかしくない?





実は狙っているかどうか、は
分からないが、
消費者心理をくすぐるメカニズムに
ちゃんと合致しているのだ。

シェフのきまぐれサラダ
なんてのも、同じだ。

だから、このメカニズムさえ、
あなたが使えるようになれば、そんなに

差別化、とか、
付加価値、とか、
価格競争、とか、

って考えなくても、
お客さんは毎回あなたのところにやってくるようになる。

通販であっても、
士業であっても、

通用する。だからしっかり読んで
使ってほしい。


「日替わり定食」の真髄は、
日替わり、ということよりも、

「今日は何かな?」
と気になってもらう、
ココが奥義なのだ。


なぜなら、気になって、
一旦お店の前に立ったら、

高い確率で、
そのお店に入るからだ。

そして、入ってしまえば、結果的に他のものも頼むことは
良くあるはずだ。

このように、気になって、
尋ねて来てもらう、ということが、
ポイントなのだ。

定食屋さんはこの心理を知っているのか、
偶然なのか、経験則なのか、

は分からないが、
これをやり続けているので、
何十年もリピートされているのだ。


ただし、同じ日替わりであっても、
月曜日はカレー
火曜日はとんかつ
水曜日はエビフライ
 ・
 ・
 ・

というローテーション型は、
この「今日は何かな?」という恩恵にあずかれないので、
注意したい。

これはすべての会社に
応用可能だ。


たとえば、
ネット通販なら、

「今日の特典」
といって、アクセスしないと分からないように、
やり続けることだ。

そうすれば、必然的に
ネットにアクセスする人は増える。

アクセスが増えれば、
確率論で購入者は増えるし、グーグル検索などにも
引っかかりやすくもなる。


他の商品も売れて、
リピートし続ける。

といった風にも応用できる。


士業であっても、
今日の「WEB無料相談」というように、毎回日替わりで、
相談内容を変えるだけで、

今日は自分にマッチした相談が
無料でできるかも?

といって、
アクセスしてくれるようになる。

このように、
日替わり定食、は非常にマーケティングとして
優秀なのだ。



| http://www.standby.jp/blog/index.php?e=589 |
| 日常 | 04:35 PM | comments (4) | trackback (0) |
【あー忙しい!】
あーーーーーーー
メッチャ、忙しい。。





日常業務だけじゃなく、ブログやFBなどの集客も
時間ばかりかかる。

その割にちっともお金にならない。


こんなふうに悩まれている方は
非常に多い。

しかし、それは、

時間をかけない
集客法

を知らないために、
多くの人が何年も苦しんでいるポイントなのだ。


この集客法を知ることで、

最小限の時間で、
お客さんが集まって、
利益が増える、

といった夢のような状態になることは、
難しくないのだ。


では、その方法とは何か?
それは、

同業他社とは、
一線を画した商品やサービスを
作ること

そうすることで、
あなたのところしか、その商品やサービスは
手に入らないため、

ほとんど集客しなくても、
リピートや口コミなどで、
人が集まるようになる。

とはいっても、

「それが作れないから
 悩んでいるんだ!!」

と思われたはず。


だが、心配いらない。
実は、何も画期的な技術やスキルがいるわけじゃない。

その気になれば、
明日からできる。

それは、
今までと真逆の価値
を作ること


過去の成功例を紹介しよう。
たとえば、

機能が少ない
ケータイ

これは機能がどんどん複雑になって
いく中で発明されたものだ。

だが、ニーズはある。
なぜなら、高齢者や機械に弱い人は、
そのほうが有り難いからだ。

言うなれば、
価値を減らすことが、
価値になる。
というわけだ。

これなら、ダウングレードなので、
スキルやお金はそんなにかからなかった
はずだ。


この他にも、
ドライビールなんていうのも、
典型例だ。

それまでのビールは、
麦がいかに多いか、
が売りだったが、
それを敢えて減らして、
爽快感を出す、

という逆転の発想だ。

このように、
同業他社、がやっていない、真逆の方向に
向かうことで、

活路を見出すことは、
我々にも可能なのだ。


身近な例は、
昨日アップした動画で解説しているので、
まだ見ていない人は
ぜひ見てほしい。




いかがだっただろう?
わずかな発想の転換でむしろ価値を出し、
同業者の中から、
あなたから、
買いたい

と選ばれるようになるのは、
難しくないのだ。



| http://www.standby.jp/blog/index.php?e=588 |
| 日常 | 04:31 PM | comments (0) | trackback (0) |
  
Prev | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... | 10 | Next
PAGE TOP ↑

■CALENDAR■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<前月 2017年04月 次月>
■ARCHIVES■
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■RECENT COMMENTS■
■LINK■
■PROFILE■
■OTHER■
■ADMIN■
ADMIN ID:
ADMIN PW:

保留中コメント:14件
保留中トラックバック:0件
スタンドバイ経営コンサルティング
愛知県名古屋市天白区植田3-1706-301
:サイトマップ
Copyright © 2006-2015 Stand-by Management Consulting All Rights Reserved.